暗号通貨年末に高騰する理由【仮想通貨】

本日は仮想通貨に衝撃年末高騰が仕込まれた
金融庁のも思惑というタイトルでお送りいたします
かなりですねこれ年末に向けて期待が持てる
のとですねまぁ年末というより
のですね来年に向けてですね高騰が見えてきたというような
まあその道筋が整理されてきたというような形の話なんですけどもこれがですね日本初で出てきてるっていう部分ですね
まあその部分を今日はお話ししたいと思います
これ結構ですね大きなポイントだと思いますのでぜひ最後までお付き合いください
まず今朝の状況ですけれども23超
五千石という形になっていますでへ昨日もお話ししましたけども
ここのところですねまあ上下こういうふうに見ると週間で上下があるようには見えます
けどもですけども基本的にどの通貨もレンジの範囲で動いているというような感じになってますね
ですのでまぁ非常に安定している状態なんですけども
こういうですねボラが小さい値動きが小さい時っていうのはですね
何かのきっかけで一気に上がりだすとそこでトレッドが形成されるっていう
まあそういう傾向があるわけですねですのでええまあ日々ですね
私もチャートチェッ
しながらですねまあそういうポイントは見て見ていってるんですけども
将来ですね仮想通貨っていう価値を考えた場合必ず勝ちとした上昇していくとは思うんですけどもただ短期的に見た場合ですね1日後3日後にどうなるって言うのはですね
まあ答えた正しい答えをした分からない
んですね予測はできても予想とか予測ができてもですね
確実にそうなるって言うのが
ですね誰もは考えですというのも日々で見ていくと色々な緊急ニュース
ファンダメンタルって言うんですけどまぁそういう緊急ニュースっていうのが入ってき
て価格変動っていうのは上に行ったり下に行ったりっていうのが日々起こっているわけですよね
a ですので短期的に見た場合はですね
必ずしもんを明るさがるっていう
がわかるわけじゃないんですね
ただ長期的に見た場合上がっていくっていうイメージはあると思うんですけどもいつ頃からかって言うとですね
麻婆通りもありましたけども年末あたりからあがってきそうな整備がされてきたよって
いう話を今日はしたいと思いますちょっと
余分な話になりましたけども1日の動きを見てみると
をまあこれもですね
まあ価格の幅っていうのは小さくなってますですので基本的にはレンジの動きをしているというような形ですね
で年末に向けてですね江東という話に実際も入っていきたいと思うんですけども
昨日ですね金融庁の方から正式に発表がありました
認定式ん決済事業者協会の認定についてという話なんですけどもこれですね
今年の春に設立してですねまあ今年の年初にですね
あのコインチェックの問題があったわけなんですけれども
そしてですね春に日本仮想通貨交換業協会という教会ですね
jvc
aa と言われる訳昭ですね協会が発足してですねこれを金融庁に申請をしてたんです
でどんなことを目的としているかと言うとですねまあ日本仮想通貨協会としてですね
まぁ仮想通貨取引上認定取引所の教会を中心にしてですね
自主規制とかですねそのない分規制
というのも整理してですねでへ
一般的に社会にしっかり認知してもらえるような
まあそういう形をですねえとっていきましょうということなんですよね
でそんなそれ申請してたんですけど半年ちょっとたってですねやっ金融庁の方から ok
という風にお墨付きが出たわけですねまぁここに至るまでにですね
ビットフライヤーそうですし在釜もそうです
ですね色々と問題があったわけなんですけども一通りですねその大きな流れとしては前に進んだという形なんですね
でこれ日本にとってすごく大事なことなんですね
というのもレイドコインチェックの問題があってからですね
仮想通貨の交換業者認定ですねそれ自体がずっともストップしていた状態
なんですけれども今回のこれが進み出したことですねあともう一つ
同じく金融庁の方から過疎2巻のですね
取引所における審査直下の要因っていうのを明確に公表したわけですね
これが出てきたことによってですねちゃんとした条件を満たしているのかと後申請の件続きっていうのが担当しているのかっていう部分がかなりわかりやすく
たわけですね
そうすることによって認定も金融庁途中のしやすいですし
あと認定した認定されいければですね何やってもいいっていうわけじゃないんですね
例えば運転免許を取得したからといって好き放題に運転していいわけじゃないですね
交通ルールとかもう間もないといけないわけですけども
それとも
同じようなそのルールの部分があ整備がされてなかったんですね今まででこのルールの
部分がそういう意味では日本仮想通貨交換業協会によってですね
ルール整備をしていきましょうという風になったわけなので
悪く言うとですね金融庁が織り上げたっていうような形になるんですけどもまぁでも勝
としたらいい子
とですね金融庁が手動で全部やっていくとですね
そうするともうがんじがらめてですね全然現場の現実に合わない状態になるわけです
けども実際の好環境を取引情報の組合ですねこれが中心になっていくのでこっからです
ルール整備というのが
のある程度一気に進んでくると思うんですね
というのもこの人たちでこれ本業にしてますけれども金融庁の人っていうのは詳しく
ないですからね本業じゃないですから
ですのでもうお門違いのルールとかを決めちゃったりするわけですよね
まあそういうことがあの実際御役所っていうのはしょうがないんですよ起こってしまう
のでしょうがないんですけどもそうやってルール整備が進んでいきますよという状態に
やっとその段階になったわけですので
こっからですねしばらくの間ですね普通に
考えますとちょっと黄瀬を作りながらですねいろいろ試行錯誤していくわけですね
立って作っていくわけですのでここがですね行ってみれば投手としてはチャンスの時期
に入ってくるわけですねある程度自由のっていうのが今までだと
もう本当にいつ何を
ダメって言われるかっていうのがドキドキしながらですね動くに動けないっていう状態
だったのがですね
ある程度協会っていうのが中心になってですねいろんなチャレンジをしていきながら
ルール整備脅威をしていくっていう形になると思いますので
これは非常にチャンスなんですね
相場同社はチャンスになると思いますまあそれがですね実際
出てくるのがこの先ですね11月12月以降ですね
出てくると思いますのでまたですね去年ほど去年の年末ほどのバブルになるかというと
またちょっと形とした違うと思うんですけども
全体としては底上げになってくるという風に私は
見ておりますそしてですねまぁあとはアメリカのほうもですね
コインベースのカスと d サービスにリップルっていうのが変わったとかね
まあそんなプラ負の要素もありますのでええまあそういう意味ではですね
実際現実化してきたのがですね今までは希望とか予想でですね
年末ああ
があるんじゃないのかなとか来年は上がるんじゃないのかなっていう流れになってたん
ですけども
長期的に見れば当然当たり前のことなんですけども
実際の動きとしてですねまあ日本の国内そしてアメリカもですね含めてですね
年末高等っていうのが現実的に動き出したよというようなそんな段階
なんたってことですねまあそういう意味でもですね自主規制団体の認可っていうのは
少なくとも日本国内で非常に大きなことですし
あと仮想通貨を持っている人のお金としても日本の日本人のほかねっていうの割合も
階ですのである程度上昇の流れが出来てくるとそうするとですね
ルールができて上昇の流れてきてくるとそうすると海外のですね
元投資家大型の投資家っていうのも安心して参入できてくる形になります
過去にも何度もお話してますけども高中ですね今の仮想通貨の市場っていうのが
が23兆円でこれが去年の年末あるいは今年の投資の頭ですね
の一番時価総額が高いときでもせいぜい90兆円なんですねですので他の株式市場とか
ですねあと
外国関西の市場とかですねまぁそういうのに比べると圧倒的にまあ
美香
未開拓の市場ではありますので
ただ将来的にはブロックチェーンの技術そして仮想通貨の流通っていうのを考えると
増えてくることを分かっているわけですので
まあここからがですね非常にチャンスの期間ですっで
ちなみにですね日本の傾向としてはですね
業界の自主規制というのをどんどん進めていますその時は成長していきます
である程度のどこまで行くとですねまた何かしら問題をきっかけにしてですね
安金融庁が口を出してくると思います金融庁がやりたいのは何をしたいのかというと
ですね
金融庁は基本的にはカルト税金
にもいっぱい撮りたいわけですね
自分たちの管理下においてしっかりと税金をいっぱいとるっていうのが吟遊長がやり
たいことですので
ですのである程度ですね市場が成長するまでは
キビラに任せるよという状態にしてですねで大きくなったところでもう一度
なんか所の期生が入ってくるのかなというふうに
雨での過去の事例からするとですね
考えておりますですので
今ですねちょっとここんとこの仮想通貨に手を出してなかったっていうと思うんですね
ここからチャンスになってくるというふうに思いますのでぜひですね
まあ私の何があったんだ登録してくださいって私のライン後では仮想通貨での資産構築
を始めですね資産ケアしていくヒントをお届けしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です